FEBB_TAPE
FEBB
NNN
ITTOK
LAF-MIX
MANTIS-MIX
LEE
SERVER_MANTIS
BURNER
SATO
KAIMANENT
BOOTYNFREEZ
TROOP_STICER
N9N_HOODIE
N9N_SWEAT
LEE_T
TROOP_HOODIE
ARAI_OLIVE_CAP
売れ筋商品

QR

TBHR
GREEN_HOUSE
ILL-DANCE-MUSIC
Insector-labo
ING_RECORDS
JORZE_DISC
MJP
MONO_ADAPTA
NORTH_SMOKE_ING
OIL_WORKS
POP_GROUP
SWR
TempleATS
WOK22
3rdSTONE





O.S.T「バンコクナイツ(Bangkok Nites)」CD

型番 EM1162CD
販売価格 2,700円(税込)
購入数



「早くも2017年日本映画のベスト・ワンに遭遇?」(キネマ旬報)と 話題騒然!間もなく公開される空族最新作『バンコクナイツ』のサントラが満を持して登場です! 劇中曲を完全網羅のフルボリューム!


「劇中の音楽だけを並べて繋いでみると70分、本編の三分の一を占めていた。更なる再構成を経て音に凝縮された『バンコクナイツ』。桃源郷への扉は、このサントラによって完全に開かれる!」
(空族)


『バンコクナイツ』のみが到達できたあの世界がサントラ上でもぶちまけられる。スティルイチミヤのYoung-G、DJ KenseiらHipHop勢のトラック、山崎巌率いるバビロンバンド、タイの70s/80sモーラム&ルークトゥンの名曲達が互いをリスぺクトするように並び、そこにEDMとフィールド録音が奇妙に溶け込む世界――。劇中で強烈な印象を残したクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドの野外演奏、アンカナーン・クンチャイ演じる占い師サイのモーラム、Tondo Tribeのラップ、カラワンのスラチャイの亡霊語り、そして多くの人が魅了され問い合わせ多発となったあのルークトゥン名曲「田舎はいいね」、そしてエンディング曲「イサーン・ラム・プルーン」ももちろん収録です。タイの街角の喧噪とイサーンの村落の閑静を交えた、音で綴る『バンコクナイツ』。実はエムにとって初のサントラ・リリースにもなります! 装丁はスティルイチミヤのMMM
(スタジオ石 )。


1.「Pai Tuktuk Dwai」DJ Pai Dwai
2.「Pai Massage Dwai」Young-G (stillichimiya/おみゆきCHANNEL)
3.「金の匂い」Suri Yamuhi & The Babylon Band
4.「You've Left Me Alone」Suri Yamuhi & The Babylon Band
5.「Porra」XXXSSS Tokyo
6.「ソムタムだけ」オーンウマー・シンシリ
7.「田舎はいいね」ルンペット・レームシン
8. イサーン・ラジオ
9.「パイプよパイプよ」ダオ・バンドン
10.「Burn! Burn! Burn!〜Surfin' Dien Bien Phu」Suri Yamuhi & The Babylon Band
11.「君を買い戻す」バーンノンカーイ・バンド
12.「Samet Love」DJ Pai Dwai
13.「憎っくきモーターサイ」クワンター・ファーサワーン
14.「夜の臭気〜チット・プーミサックの詩より〜」スラチャイ・ジャンティマトン
15.「Saramanda」DJ Pai Dwai
16.「タマリンドの葉(モーラム)」アンカナーン・クンチャイ
17.「バーン・スワイロン」クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド
18.「Khane Whistle Reprise (JRP Tondo mix)」DJ Kensei feat. Tondo Tribe
19.「Vang Vieng Bank (Change Yen to Lao) OST mix」DJ Kensei
20.「シェンクワンの娘」Thong Boonma(歌)、Le Boonma(ケーン)
21.「Get Em」XLII
22.「Paun's House」Suri Yamuhi & The Babylon Band
23.「Xanadu」Young-G (stillichimiya/おみゆきCHANNEL)
24.「Kanom Party」Young-G (stillichimiya/おみゆきCHANNEL)
25.「Song of an Angel」Suri Yamuhi & The Babylon Band
26.「インの語り」スベンジャ・ポンコン
27.「イサーン・ラム・プルーン」アンカナーン・クンチャイ
28.「満月(アッサニー・ポンラチャン)」豊田勇造、山村剛


+全曲関係者による解説コメント付き
+対訳歌詞掲載
+通常ジュエルケース/ブックレット封入

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら